フォーサイト通関士講座のレビュー!

通関士の仕事はきつい?これから目指すかどうか迷っている方へ。

通関士の仕事はきつい?

通関士の仕事はきついと聞いたことがあるかもしれません。
しかしどんな仕事もきついところはありますし、他の人はきついと思うことでも、あなたにとってはそれほどでもないかもしれません。
ぼんやりとした評判を聞いただけで、選択肢からはずしてしまうのはもったいないでしょう。
きついと言われる理由や具体的な仕事内容を知ることで、将来の選択に役立つ情報を手に入れることができます。
この記事では、通関士の仕事のきつさについて解説し、将来を考える上でのポイントを紹介します。

通関士の仕事がきつい理由

仕事量が多い

通関士の日々の業務は非常に多岐にわたります。顧客から渡された通関書類をもとに輸入や輸出の申告書類の作成、輸出入申告、税関検査の立会、税関との相談など時間を要する作業がたくさんあります。

責任が重い

通関士は輸出入の手続きにおいて法令遵守や商品価格の適正な申告を担保する責任を負います。
そのため、ミスを犯してはならず、常に慎重さが求められます。

法律や制度が複雑

国際貿易に関する法律や規制は複雑であり、常に最新の情報を把握し、適切に対応する必要があります。

勉強しないといけないことが多い

通関士として働くためには、法律や制度、国際関係など、さまざまな知識を習得する必要があります。
継続的な勉強が求められます。

覚えることが多い

通関士は様々な輸入品や輸出品に関する知識を持っている必要があります。製品ごとに異なる規制や手続きを理解する必要があります。

ミスが許されないプレッシャーがある

通関士の仕事はミスが許されない業務です。誤った申告や手続きミスは企業にとって大きな損失や法的な問題を引き起こす可能性があります。

肉体的にきつい

通関士の仕事はデスクワークが主ですが、輸送手配や現場での作業など、肉体的な負担が伴う場面もあります。

急ぎの申告や臨時開庁など、時間外勤務がある

国際貿易はトラブルも多く、物流の遅延も多いため、急ぎの対応や臨時の業務が発生することがあります。
そのため、時間外での勤務や急な対応が求められることがあります。

通関士の仕事の具体的な内容や、その仕事で求められるスキルや知識。

通関士の仕事は輸出入の手続き全般にわたります。具体的には、輸出入の申告書類の作成や申告の代行、税関検査の予約や立ち合い、法令遵守の監視などが含まれます。
通関士に求められるスキルとしては、法律や規制に関する知識、コミュニケーション能力、問題解決能力などが挙げられます。

通関士の仕事のやりがいや魅力

通関士の仕事のやりがいは、国際貿易における円滑な流れを支えることにあります。
輸出入の手続きを適正かつ迅速に行うことで、企業の利益向上や経済活動の活性化に貢献できることが魅力です。
また、国際的な取引に関わることで、様々な業界や国との交流があり、やりがいを感じることができます。

通関士になる前に考えるべきポイント

通関士に向いているかどうかを見極める

通関士の仕事は多岐にわたるため、自分の興味や能力と合致しているかを考えることが重要です。
コミュニケーション能力や問題解決能力が求められるため、それらのスキルを持っているかどうかもチェックしましょう。

通関士のキャリアパスを考える

通関士の仕事にはさまざまなキャリアパスがあります。
例えば、通関業者や企業の通関部門で通関士として勤務するほか、その他の国際物流に係る企業で通関士試験の学習で得た知識を生かして活躍する道もあります。
また通関士試験や貿易実務の講師等、教育者としての仕事もあります。
自分の将来のビジョンに合ったキャリアパスを考えることが大切です。

通関士の将来性や市場動向を理解する

国際貿易は世界的な経済活動の一翼を担っており、その需要は今後も拡大すると予測されています。
通関士の需要は安定しており、将来的にも需要が高まると考えられるため、その市場動向を理解しておくことが重要です。

Q&A

通関士の仕事についてよくある質問について解説します。

犬くん

Q: 通関士の仕事は、どのようなスキルが必要ですか?

博士

A: 通関士には、法律や規制に関する知識、コミュニケーション能力、問題解決能力が必要です。また、輸出入の手続きを円滑に行うためには、正確な判断力や迅速な行動力も求められます。

犬くん

Q: 通関士の仕事は肉体的にきついですか?

博士

A: 通関士の仕事は主にデスクワークが中心ですが、輸送の手配や現場での作業など、肉体的な負担が伴う場面もあります。特に、急な対応や臨時の業務が発生した際には、現場での動きが求められることもあります。

犬くん

Q: 通関士になるためにはどのような勉強方法が効果的ですか?

博士

A: 通関士試験に合格するためには、法律や制度に関する基礎知識の習得が不可欠です。通関士試験対策の書籍や通信講座を利用するほか、実務経験を積みながら学習する方法もあります。また、過去の試験問題を解くことで、試験の傾向を把握することも重要です。

通関士試験の勉強方法【まとめ記事】

犬くん

Q: 通関士の仕事は将来性があると言われていますが、その理由は何ですか?

博士

A: 国際貿易の拡大に伴い、通関士の需要も増加しています。また、輸出入の手続きは繁雑化しており、専門的な知識やスキルを持つ通関士の存在が不可欠です。そのため、通関士の仕事は安定性があり、将来的にも需要が高まると考えられています。

まとめ

通関士の仕事はきついと感じる側面もありますが、そのやりがいや魅力もたくさんあります。
自分の適性や将来のビジョンを考えながら、将来のキャリアを選択する際に参考にしてみてください。

通関士試験の勉強方法【まとめ記事】
関連記事
フォーサイト通関士講座のレビュー